TOP> お知らせ一覧> 新型コロナウイルス対策強化!全車両に抗菌作業実施

新型コロナウイルス対策強化!全車両に抗菌作業実施

2020.11.30

NEW

全車両の抗菌作業実施について

新型コロナウイルス感染症対策として、マスク着用、駅窓口に消毒液の設置、吉原駅窓口にビニールシートの設置、職員による駅構内や車内の消毒、車内窓開けによる換気の実施等新型コロナウイルス感染症対策を実施してきました。
当社では更なる新型コロナウイルス対策を強化するため、全車両に対して専門業者による車内の抗菌工事を実施しました。
今後も地域の公共交通機関として安全で安心な岳南電車のご利用をよろしくお願いいたします。

施工期日

2020年11月26日(木)~27日(金)

施工概要

電車内の窓、壁、床、シート、手すり、つり革などへの抗菌材の噴霧、塗布
※係員への対策として乗務員室も実施

対象車両

全車両 4編成6両
・7000形 1両編成×2本(2両)
・8000形 2両編成×1本(2両)
・9000形 2両編成×1本(2両)

抗菌剤

ニチリンケミカル(株)「空気触媒セルフィール」

・セルフィールはウイルスの構成成分(蛋白質、脂質、核酸など)を酸化分解するので、ほぼ全てのウイルスに効果的に作用するものと考えられています。
・無臭、無色透明の液体で効果は約5年。